2016年05月13日

補正予算成立(平成28年熊本地震に伴う被災者への支援、本県への避難者に対する支援等、早急に必要な経費の措置)


全体協議会で、河野が代表して、質疑をしました。

内容は、以下の通りです。

 熊本地震発災より、1ヶ月立ちました。亡くなられた方々のご冥福をご祈念するとともに数多くの被災された方々へ心からのお見舞いを申し上げます。
 公明党は、14日の前震の翌日午前、江田康幸衆院議員と秋野公造参議院議員が熊本入りし、震源地とされる益城町で、被害状況を調査するとともに、被災された方々の激励に動きました。
 掴んだ情報も持って、益城町の西村町長との協議をした結果、まず、飲料水とブルーシートについて強く要望があったそうです。すぐ、隣接する各県本部と連携して、用意できたものから順次届ける体制をつくりました。
 われわれ公明党宮崎県本部は、その日のうちにブルーシート100枚確保しました。
 翌16日、本震の後でしたので、たどり着けるか情報の乏しい中、新見、重松、河野で五ヶ瀬町から218号線を通り、美里から443号線に入り、甲佐、御船、益城町へ車を走らせました。
 美里付近から、ブルーシートで覆われた家屋、崩壊した家屋を見るようになり、御船に入ると、道も段差ができ、徐行せざるをえませんでした。地元の公明党町議と連携しながら、やっと避難所である町の総合体育館にブルーシートを届けることができました。
 対応してくださった職員の皆様も自ら被災者ながら町民のために、懸命に動かれている姿を見て、「極限の状況下で大変な思いをしている。今後、物資の供給だけでなく、人的な支援が急務である」と思いました。
今回の補正は、人的支援へのものであります。隣県の支援としてスピードが求められると思います。そこで何点かお伺いします。
 被災地では、生活再建支援など受けるのに必要な罹災証明業務が滞っているとの報道があります。
 当該業務にかかる阿蘇市、山都市への支援状況と今後の見込みについて、総務部長にお伺いします。
 難所でのDPATの役割は、DMATともに大きいものがあります。特に、余震が続いている中で長期にわたって、ニーズがあるものと考えます。
DPATのこれまでの派遣状況と今後の派遣計画について福祉保健部長にお伺いします。
 いたましいニュースがありました。
 難病患者が、福祉避難所の存在を知らずに、車中泊をつづけ亡くなったというものです。
 そばでお世話をしていた介護福祉士の息子さんも知らなかったということでした。
 もうひとつの報道で、熊本は、避難計画では、指定している福祉避難所は176施設、1700人の災害弱者の受け入れを想定していました。が、
実際は69施設、345人の利用にとどまっている。というものです。
今回、
「熊本県地震における要配慮者等宿泊施設支援事業」について、絵に書いたもちにならないように、どのように周知し、対象者のニーズをどのように把握しているか。福祉保健部長にお伺いします。

 関連で、要望にとどめますが、発達障害児のいる家族が、遠慮して、福祉避難所を利用できずにいます。リース仮設住宅の設置が始まっていますが、6月中旬までかかるとお聞きします。遅すぎます。福祉(みなし)避難所として、トレーラーハウスの利用が待たれています。利用促進の支援をお願いします。

いずれも、積極的な答弁をいただきました。

posted by てつや at 14:55 | 日記

2016年02月24日

高齢者交通事故対策に看護師設置

平成27年9月一般質問で、河野は、免許センターに看護師設置をと訴えました。
この時の本部長の答弁には、看護師のかの字もありませんでした。
しかし、28年度予算で、看護師4名配置での相談体制強化の提案がありました。
県警の迅速な対応に感謝!
以下、質問・答弁内容です。

【河野哲也】
認知症高齢者の交通事故防止についてでございます。高齢化の進展とともに、認知症のドライバーによる交通事故の増加が大きな問題となっています。事故を防ぐには、高齢ドライバーの判断力や記憶力などの変化を早期に見つけ、的確に対処することが求められます。熊本県の取り組みを調査いたしました。熊本県の免許センターは、運転適性相談窓口に、ことしの2月から看護師が2人配置されて、県警職員とともに相談業務を行っています。認知症などによる事故を未然に防ぐため、専門的な見地から病状を早期発見することを目的としています。免許更新の際に、質問票により、「過去5年以内に意識を失ったことがあるか」など5項目を問う。1つでも該当すると、看護師らが運転適性の相談に応じ、医療機関の受診や免許の自主返納などを勧めているということです。看護師による相談業務が始まってから、認知症の疑いのある人が21人判明し、このうち8人が医療機関を受診したと、効果も確認されています。本県の全体の交通事故は減少傾向にありますが、高齢運転者の交通事故は平成21年に増加し、毎年2,000件を超えています。そのまま横ばいで推移しているところでございます。高齢運転者の交通事故対策は喫緊の課題と考えます。高齢運転者の認知症に関する相談状況と警察の取り組みについて、お伺いいたします。

【警察本部長 野口泰】 高齢運転者の認知症に関する相談は年々増加しており、昨年は36件、本年は8月末現在で既に60件を受理しております。昨年受理した36件の結果につきましては、免許証を自主的に返納したり、更新をされなかった人が22人、認知症と診断され取り消し処分となった人が4人、認知症ではないと診断され免許継続となった人が10人となっており、相談によって約6割の人がみずから運転を断念するなど、相談による一定の効果があらわれております。
 高齢運転者による交通事故が増加する中、認知症などの病気に関する適性相談の適否が、以後の交通事故抑制対策に大きく影響を及ぼすことから、相談業務に携わる職員に対しては、相談に関する専門的な教養を徹底し、相談者等の状況に応じたきめ細かな対応をとらせているところであります。また、これらの相談以外にも、交通事故捜査や交通違反取り締まりの現場等において、認知症の疑いが認められる場合には、迅速・的確に対応するよう、関係職員に対して指導を徹底しております。

posted by てつや at 16:57 | 日記

2015年04月04日

かわの哲也無投票当選


4月3日に告示された宮崎県議会議員選挙。
午後5時を過ぎ、延岡選挙区では定数5に対して立候補者が5名であったために、かわの哲也を始めとして5人の現職の当選が決まりました。
皆さまのご支援を深く胸に刻み、与えられた4年間、大好きな宮崎・延岡のために全力で働てまいります。




posted by てつや at 01:25 | 日記

2015年03月30日

県議選アンケート

県議会選挙に向けて、各新聞社のアンケートに答えている。
例えば、
「本県の課題と取り組むべき方向」
口蹄疫の復興に道筋をつけ、新たな成長戦略を提案したことは、評価する。
「日本一の 子育て・子育ち立県」を標榜するのであれば、子育ての不安を解消する施策の強化をもっと実感させるべき。
「今後、あなたが一番提案したいこと」
 南海トラフの巨大地震津波対策。知事自身が国の防災対策実行会議委員であることを最大限に生かし、スピード感をもって、大規模災害に対する広域的連携等の具体的な提言や、財源確保を強力に推進していく。
「政治信条」
“大衆とともに”
“現場第一主義”
 県政課題の解決の知恵は、「現場」にある。われわれの強みであるチームワークで、県政諸課題に全力で取り組む。
等々。
新聞社のアンケートに答えるたびに、自分の決意が固まる?
posted by てつや at 16:48 | 日記

2015年02月09日

第17回TOSS特別支援教育セミナーin大阪

第17回TOSS特別支援教育セミナーin大阪
日時:2015年2月7日(土)11:00〜16:30
会場 たかつガーデン(大阪市天王寺区東高津町7番11号)
日程
テーマ:特別支援教育、科学的根拠(エビデンス)のある支援へのこだわり
11:00〜11:30 <実践発表>各15分
 小嶋悠紀氏 小野隆行氏
11:30〜12:00 和久田学氏 講座『システムとしての特別支援教育〜予防支援と介入支援〜』
12:30〜13:00 発達障がいの子どもが安定する授業技術 子役:小嶋悠紀 小野隆行
       1 子役付き模擬授業(コメント 伴一孝氏、谷和樹氏)
          授業者:鶴田裕一氏
              片山陽介氏
       2 授業技量検定九段の子役付き師範授業
          授業者:伴一孝氏
              谷和樹氏
13:00〜13:45 安原昭博氏 講演『LDの脳科学』
14:00〜15:00 杉山登志郎氏 講演『発達障害の新たな支援〜子ども臨床の出世魚現象〜』
15:00〜15:20 伴一孝氏講座
15:35〜15:55 対談 向山洋一氏・杉山登志郎氏  司会:谷和樹
15:55〜16:15 谷和樹氏講座
16:15〜16:30 向山洋一氏 講演
特別支援の子がいるクラスを想定しての子役を含んだ模擬授業からはじまり、和久田先生、安原先生、杉山先生の講座がまとめて聞けて、小嶋、小野、両若手実力派の実践報告も聞け、しかも杉山・向山対談に向山先生の講演まであるこのセミナーは、まさに圧巻であった。
教育でのエビデンスは難しい。
posted by てつや at 00:00 | 日記

2014年03月02日

南久保山トンネル貫通

140224_093250.jpg140224_094518.jpg140224_102943.jpg
藏田トンネルに続き、貫通式。「つなぐ」を実感。
posted by てつや at 18:53 | 日記

2013年10月24日

土地所有と使用権の分離

131024_103103.jpg131024_115730.jpg131024_115542.jpg131024_115344.jpg
調査2日目は、高松丸亀町商店街再開発について。キーポイントは、土地利用権をどう得ていくのかに、かかってくる。危機感の中で知恵を振り絞っている。
posted by てつや at 15:43 | 日記

淡路島景観づくり運動

131023_150928.jpg131024_063118.jpg131024_070006.jpg
環境立島を標榜する淡路島の課題は住民の景観にたいする意識向上であった。
「淡路島百景ガイド」などのツールは出来た。これをどう生かすのか?
posted by てつや at 15:23 | 日記

2013年10月15日

能のおもて

131014_135013.jpg


のべおか天下ー薪能の翌日、内藤記念館での展示「能のおもて」を鑑賞しました。今までも、複数回鑑賞しましたが、今回の企画は、大変充実していました。
posted by てつや at 21:17 | 日記

2013年09月16日

赤トンボ

朝、赤トンボを見かけました。
お昼から地元東浜区の敬老会にお邪魔しました。
「いつまでも、新しい発見を!それが長寿の秘訣!」と元気よく挨拶した後、司会の方から、「一曲、歌のプレゼントを。」と言われたので、なぜか「赤とんぼ」を歌ってしまいました。
笑い声がなくなり、みんなしんみりと、遠くを見つめていました。
「やらかしたぁ。」と思い、急いで、お酌に回りました。
「童謡を聞くのはひさしぶりじゃねぇ。」
「子どももうたわなくなったねえ。」
と、一層しんみりしてしまいました。
どうか、どうかお元気で!
posted by てつや at 22:09 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。