2006年08月30日

県議会だより配布

今県議会だよりを持って挨拶に回っています。夏休みの終りでしようか。旅行バッグを重たそうに持ちながら帰宅されている方に多く会いました。無事故でなによりです。




posted by てつや at 23:00 | 宮崎 ☁ | 日記

2006年08月29日

夏休みの宿題

今、中3の娘と中1の息子は、懸命に夏休みの宿題の仕上げに入っている。

毎度のことであるが、かなり切羽詰まっている。なぜ、もう少し計画的に出来ないのかとのどまで出かかるが、私の子どもだから仕方ない。

この夏は、県議会便り発送準備の手伝いもしてもらえなかった。それどころではないの一言である。家族サービスが皆無に等しかったのだからこれも仕方ない。

しかし、この作業を一人でやるのは、かなりきびしかった。

他の議員さんは、この苦しみを味わっているのかな。
posted by てつや at 00:01 | 宮崎 ☁ | 日記

2006年08月28日

水谷先生講演されず

昨日、全国PTA大会が、ワールドコンベンションセンターで開催され、私は今回PTAの一員として参加させて頂いた。

参加させて頂いた最大の理由は、夜回り先生こと水谷先生の講演を聴けることにつきる。

その参加理由がもろくも崩れてしまった。わざわざ、会場までお越しいただきながら、先生がキャンセルをされてしまったからだ。

真意はよく伝わらなかったが、8000名の会員にライブで聞いて頂く事に先生の意図があり、それを運営側が、クリアできなかったことに原因があるらしい。「水谷はうそつきだとは言われたくない。」という言葉を残して、壇上から消えていった。

水谷先生は、何のためにわざわざ宮崎まで来られ、講演されるのであろう。

それこそ、動員がかかったかもしれないが、会員の中には、子育てのヒントを先生の講演の中に見いだしたかった方がいらっしゃったであろうに。

今、延岡の事件に象徴されるように、宮崎も、夜の社会がおかしくなっている。子ども達が入り込んでいる。

私は、先生に叫んで欲しかった。「夜の社会に子ども達を送り込むな。」と。

posted by てつや at 01:09 | 宮崎 ☔ | 日記

2006年08月20日

九州人間教育実践報告大会

本日、都城市民会館で標記の大会が行われました。

日頃の教育実践をエネルギッシュに報告する4名の教師に惜しみない拍手が送られました。

来賓として安藤知事、高山教育長もこられ、大いに参考になると感銘を受けておられました。

4年前にお世話になった先生方ともお会いすることが出来、有意義な時間を得ることが出来ました。

一つの光として、教育行政に提案していきます。
posted by てつや at 22:59 | 宮崎 ☁ | 日記

2006年08月17日

台風10号九州上陸か!

ついに来てしまいました。強い雨を伴う台風10号。今、延岡も雨脚が強くなってきました。雨

今から、一度、市内を一回りしてきます。

延岡は、18日0時頃が一番雨脚が強まるようです。

どうか、皆様、随時、携帯電話TVゲーム台風情報を入手し、早め早めに手を打ってください。

大きな被害がないよう祈るばかりです。
posted by てつや at 20:41 | 宮崎 ☔ | 日記

2006年08月16日

遺憾!小泉首相靖国参拝

8月15日早朝、小泉純一郎首相は、東京・九段北の靖国神社を参拝しました。

小泉首相は、2001年の自民党総裁選で8月15日の参拝を公約しましたが、それを、在任中の最後の参拝で実現したわけです。靖国参拝批判なにするものぞとの姿勢を示したわけです。現職首相の8月15日の参拝は1985年の中曽根さんそれ以来、21年ぶりです。

この参拝に対し、公明党の神崎武法代表は、記者団の質問に「私はかねてから、首相、外相、官房長官は靖国神社への参拝を自粛すべきであると申し上げてきたし、首相ご自身にも直接、何回も参拝は自粛するように申し上げてきたが、本日、小泉首相が参拝をされた。8月15日という象徴的な日だけに、誠に遺憾だと思っている」と、コメントしております。

なぜ、誰もがわだかまりなく参拝できる宗教的に中立な国立追悼施設を作ろうとしないのでしょうか。なぜ、国家主義に傾く動きをとるのでしょうか。国民はどう反応しているのご存じなのでしょうか。

自己満足で、国民を不安定な状況に陥れるのは、許せません。

 
posted by てつや at 19:21 | 宮崎 ☁ | 日記

2006年08月10日

宮崎政経懇話会

昨日、宮崎観光ホテルで開催されました中馬行政改革担当大臣を迎えての宮崎政経懇話会特別講演会に参加しました。

約1時間の講演でしたが、正直ピンとくるものは、ありませんでした。基礎体力の低下が見られる地方自治にとって、行革推進がプラスになっているかという判断がなかなか出来ないでいる気がします。

その中で、地域限定の規制緩和を行う構造改革特区については、宮崎はもっと思い切ったものを出して良いと考えました。

延岡にあっても、2歳児入園可能な幼児教育特区の指定はありますが、なかなか市民の知るところではないようです。もっと、自治体のアピールに繋がる特区申請があって良いと考えます。そのためにも、この制度の周知啓発は必要です。
posted by てつや at 13:19 | 宮崎 ☀ | 日記

2006年08月08日

夕張ショック

自治体破綻
600億円
一時借入金
財政再建団体
posted by てつや at 23:59 | 宮崎 ☀ | 日記

2006年08月07日

やっぱり変!!

今日は、1日、妻と共に支援者への挨拶回りに動きました。「2期目は厳しいよ。」という気の引き締まる言葉をいただきながらも、あたたかく見送って頂きました。

歩いていて、気づいたことですが、夏休みなのにどこからも子どもの声がしないのです。

確かに今日は、うだるような暑さでした。ふらふらそんな中でも、グラウンドや公園で子どもの姿があってもよさそうなのに、部活動の生徒達以外は、見えないのです。

どこにいったのでしょう。クーラーの下で、ゲームでしょうか。テレビでしょうか。プールかもしれません。

やはり、変です。exclamation&question


posted by てつや at 22:26 | 宮崎 ☀ | 日記

2006年08月06日

3県合同議員研修

5、6日鹿児島で、神崎代表を迎え、3県(宮崎・熊本・鹿児島)の党夏季研修会が盛大に開かれました。

各議員が、日頃の議員活動をお互い語り合い、触発し合い、成長を確認し合うことが出来ました。

神崎代表からは、来年の参議院選大勝利のために、今どう戦うのか確認がありました。

「貞観政要」(中国 唐の太宗問答集)に、「国は人民を本とし」とあります。民衆が主役である。民衆が王者である。為政者とは民衆に奉仕していく存在である。ということです。

「民衆のために」という一点を忘れない。忘れれば、慢心になり、堕落していきます。

今、行政のほころびか各地で見られます。以上のことが要因になっている気がします。

行政の監視役でもある議員の成長なくして「県民」の幸せは語れないと決意し戻って参りました。

さて、やっと、6月議会の一般質問を「県議会報告」にアップしました。閲覧ください。
posted by てつや at 18:28 | 宮崎 ☀ | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。