2006年11月08日

県北市町村の19年度県予算に対する要望

くつ 総合交通・流通対策特別委員会(航空輸送の現状について)
くつ 県北部広域行政事務組合予算要望同行

県北2市6町2村の首長とともに、知事・議長に対して、19年度県施策・予算に係わる要望書提出に同行させて頂いた。
30項目にわたる要望事項であった。
重要事項として、
○東九州自動車道・九州横断自動車道延岡線の早期整備について
○国道10号延岡道路・国道218号線北方延岡道路の建設促進について
○県施設の分配配置など均衡ある施策の推進について
○地方バス路線に係る補助制度の拡充及び財源の確保について
○自然災害党に係る復旧と被災者への支援について
○医師の確保等、保険医療サービスの強化・充実について

いずれも、議会においてしっかり質していきたい。

特に、今回の災害を受けて、「県被災者生活再建支援基金(仮称)の創設」については、各市町村足並みをそろえて取り組んでいきたい。

議会においても実現するまで、質すべき要望であると確信する。


posted by てつや at 16:56 | 宮崎 ☀ | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。