2007年03月29日

いよいよ明日、告示。1

くつ 一ヶ岡地区語る会。
くつ ご近所挨拶回り。

 いよいよ明日、告示。前回以上の大激戦の様相を呈している。
 
「大衆とともに」を立党精神とする公明党を代表して挑戦する。
 
 しがらみではない。もたれあいでもない。大衆の中で生まれた党の代表として挑戦する。

 

posted by てつや at 13:31 | 宮崎 ☀ | 日記

2007年03月27日

脳脊髄液減少症の治療推進と保険適用

ビル 県庁へ要望同行
くつ 稲葉崎地区語る会
くつ 塩浜地区語る会

 脳脊髄液減少症の治療推進と保険適用を求める要望行動に代表、患者の方2名、ご家族計6名のかたと同行させて頂いた。
 
 脳脊髄液減少症とは交通事故、スポーツ障害、落下事故、暴力などによる頭頚部への強い衝撃を原因として、脊髄硬膜が破れ、その結果脳脊髄液が慢性的に漏れる病気である。
 
 痛み、めまい、吐き気、視力低下、耳鳴り、思考力低下、うつ症状、睡眠障害等様々な症状が間断なく現れ持続する。
 
 従来の検査法では、原因が特定できないため、「怠け者」「精神的なもの」と判断され、日々苦しい思いですごされていたこと、県外に治療(ぶらっとパッチ療法)を確立している病院を見つけ、社会復帰ができたこと等、切々と語られていました。

 何としても、県内の実態を早急に把握し、県内の医療機関で治療が確立できるよう努力させていただきます。
posted by てつや at 11:43 | 宮崎 ☔ | 日記

2007年03月24日

政治家になって

くつ 朝礼で挨拶
くつ グラウンドゴルフ場で挨拶
くつ 富美山地区で語る会
                             グラウンドゴルフ場で挨拶が終わるや否や、「政治家になれ!政治屋はもうたくさん!保身の輩はいらない。!」とやつぎばやに叱咤激励の言葉を受けた。

宮日に、県議選延岡市区の情勢が掲載された。ある候補者にかたよった記述が気になったが、確かに、無党派層の動向が一番影響すると考える。

先日も、青年と語り合ったが、「真剣」に対話することが大事なのである。青年は「自分に『真剣に向き合ってくれた』」その事実だけを信じる。

口だけの、自分の周りだけのことを考える政治屋はもういらないのである。

告示まであと6日間。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   
posted by てつや at 23:43 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年03月10日

2月定例議会一般質問をアップしました。

くつ 南中バスケット部交流
くつ 支援者訪問
ビル 南中バスケット部送別会

 2月定例議会一般質問をアップしました。私にとって、1期目最後の質問となりました。

 1問目は、知事に対して、政治姿勢やビジョンについて伺いました。

 知事に、再び質すことが出来ますように手(グー)
posted by てつや at 16:50 | 宮崎 ☔ | 日記

2007年03月07日

宮崎ポテンシャルの鼓舞

ビル 総合交通・流通対策特別委員会
くつ 支援者挨拶まわり

 昨日の夜の会で、「宮崎ポテンシャルの鼓舞」が話題になった。
 
 非常に興味を持ったのが、会話の主体者の地域性であった。詳しくは述べないが、県北、県央、県南、県外出身者で思いが明らかに違うのである。
 
 こうゆう会話が出来る場は、これからも確保してもらいたい。 久しぶりに充実感を味わったひとときであった。

 

posted by てつや at 09:35 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年03月06日

気持ちに焦りあり?

ビル 党議
ビル 常任委員会(当初予算)

 実は、ブログの投稿にミスが続いている。昨日も、「西高跡地有効利用について」の要望活動にふれ、記事を書いたはずなのに「保存」せず、消してしまったみたいである。

 いよいよ、県議選の動きが活発化してきた。議会活動と相まって、4年前の新人の頃に比べると、忙しさが確実に倍増していることを実感する。

 やるべきことを確実にと思いつつ、どこかあせりがあるのだろう。

「たとえ一日であろうと、わが味方として、心を寄せてくれる人々を、どうして、おろそかにできようか。」(高橋入道殿御返事)

 ブログを読んで頂いている方、お一人お一人に向け、感謝の思いで、今後も報告させて頂きたい。

 
posted by てつや at 10:15 | 宮崎 ☁ | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。