2007年05月20日

太田公明党代表来宮

くつ 太田代表街頭遊説(13:00宮崎山形屋前、15:00     宮崎市役所前)

久々に公明党代表が宮崎に来てくださった。

詳細は、明日、追記するが、「だから公明党だ。」という演説であった。
posted by てつや at 23:51 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年05月17日

語る会

くつ現地調査(県民相談)
くつ語る会(野地町)

 今日は、久々に20名ほど集まって頂き「語る会」(県政報告懇談会)をさせて頂いた。

 臨時議会の様子、知事の動き、会派の動き等、報告させて頂いた。

 マスコミの情報は、それぞれの受け取り方があることを感じた。

 より正確な情報、対比するときどちらかに偏らない公平さ等、マスコミの役割重要である。

 
posted by てつや at 23:54 | 宮崎 | 日記

2007年05月16日

我々の時間は県民のために

ビル 議会運営会議
ビル 政策検討会

「我々の時間は県民のために」

 今回は、結構そう感じてしまった。

 ご存じの通り、自民党が(数名か)、知事の発言に対して、「県民に誤解を与える」として、趣旨説明を求めていた。

 4時間半の後、本会議再開。はじめに知事の謝罪があった。

 解決するのに、なぜこれだけの時間がかかるのかなあ。

 この時間があれば、県民相談をいくつかクリアできたのかもしれない。また、会派で議会運営について、協議できたのかもしれない。
 
 何時再開できるかわからない。このような身動きできない時間が、一番もったいない。

 「改革」という言葉に、議会全体が浮き足立っていないか。過敏になっていないか。

 県民に過敏なっているのであればいいのだが・・・。

 

 


 
posted by てつや at 17:09 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年05月15日

議長、副議長決まる。

ビル 臨時議会(議席指定、常任委員会委員等の選任、正副委員長互選)

 昨日、仮議席が与えられた。

 今までと、左右逆になってしまった。つまり、知事部局側と対面することになった。

 議員の居眠りを知事に指摘され変更したのか、テレビ映りの頻度に不満を(ちなみに前期の私の席はよく映っていたらしい。)持っての変更か定かではないが、今日正式に指定される。

 我が党の長友代表が、議長候補に推された。11票を獲得されたが、新議長は、自民党票28票の坂口氏になった。

 課題が山積している議会改革を一つ一つ確実にしかもスピーディに進めなければならない。 

 新議長の舵取りにかかっている。
posted by てつや at 09:44 | 宮崎 ☀ | 日記

2007年05月14日

知事は疲れている

ビル 臨時議会(議長、副議長選出)
ビル 政策協議会(政務調査費)

 先日の「日豪EPA交渉対策緊急宮崎県民大会」での知事の挨拶で感じたことは「知事は疲れている。」ということでした。

 いつものテンポで、EPA交渉での危機感を述べた後、ご自分の近況を語られた中で、「私は何屋さんでしょう。」と、ふと漏らされました。

 会場の皆さんは、いつものユーモアと笑われていましたが、私は、笑えませんでした。

 自ら宮崎のセールスマンであることを宣言されていましたが、予想以上の多忙さに相当疲れているのではないでしょうか。

 今日の臨時議会での知事の顔。あの「目力」を感じなかったのは、私だけでしょうか。

 心配です。
posted by てつや at 12:38 | 宮崎 | 日記

2007年05月11日

県民への議会改革

ビル 資料作成
ビル 日豪EPA交渉対策緊急宮崎県民大会

県民への議会改革(河野試案)

1,県民が納得する開かれた議会(情報公開)の推進。 ○政務調査費の使途基準作成と使途の明確化。(領収書等の添付)
 ○県民との意見交換等(長野県では車座集会)の活動。
 ○傍聴規則の見直し。(手話通訳の体制)
○CATVの活用で、広報充実。

2,分権時代に対応できる政策立案機能の充実。 ○政策提案から政策立案へ
○法務担当職員等の増員配置含め、政策調査課の充実。

3,民主的な県政運営への監視機能の強化。 ○質問方式を一括質問方式も含め、一問一答との選択で。
 ○予算に反映できる決算委員会の時期検討。(予算委員会の実施)
 ○委員会での参考人制度・公聴会の多用。

※その他
 ○費用弁償の実費支給を検討。
 ○海外視察の廃止。(公明党は、前期から自粛しています。)
 ○任意合区による議員定数削減。

具体的に提案できるよう検討を重ねています。


posted by てつや at 10:13 | 宮崎 | 日記

2007年05月10日

議会始動!

ビル 全員協議会

昨日は、仮議席、常任委員会の名称・定数・委員長、議会運営会議の定数、特別委員会の設置内容・定数等、議会運営に必要な枠組みの協議が行われました。

幹事長会、党議を繰り返し、決定していきます。

多数会派単独の運営にならないよう繰り返し打ち合っています。

「議会改革」の動きの中で、議会運営委員会に

「改革1」 開かれた議会(情報公開)の推進。
「改革2」 政策立案機能の充実。
「改革3」 監視機能の強化。

を議論する小委員会を作ることを公明党としても叫んでいきます。
posted by てつや at 12:15 | 宮崎 ☀ | 日記

2007年05月08日

そのまんま〜東へ!

ビル 全員協議会

連休中に、知事の著作を読ませて頂きました。

「そのまんま〜東へ!」一気に読みました。テンポのある文章で、鍛えられていると感じます。

このテンポで、改革を進める。意気込みも感じました。

?が2カ所ありました。

1つめは、各党の議席数です。公明党を4として頂きました。

2つめは、マニフェストを記述しているところで、「女性のための改革」に、私も2月議会で質問し確かめたところでありますが、「3歳以上の医療費を補助する子育て支援幼児医療費女性事業の県内拡充」とあります。

同時期に出版された「宮崎発日本を変んといかん」のマニフェストの章では、「3歳以上の医療費を補助する子育て支援幼児入院医療費助成事業の県内拡充」とあります。

どちらでしょう。

posted by てつや at 15:16 | 宮崎 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。