2007年08月31日

いよいよ9月議会

ビル 政策検討会
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☀ | 日記

2007年08月30日

調査最終日

2007-8-18 043.jpgバス 宮城県庁

「財政改革、市場公募地方債の発行」についての調査を行った。

 特に、市場公募債の運用効果を調べさせていただいた。
 宮城県では、S50年から全国の投資家に向け、単独発行型でスタート。本年度は、11銀行と10証券会社とのシンジケート団で100億。共同発行型(単独発行に実績がある15府県と12政令市との共同発行)で460億。そして、「ケヤキ債」という住民参加型30億を発行しているとのこと。
 大量の安定した資金の調達が可能であるが、今の宮崎に必要なのか。今の私の情報量では、判断できない。というのが、正直な感想である。

 伊丹から宮崎まで、あのプロペラ機であった。空を一生懸命飛んでいる実感を久しぶりに味わった。
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月29日

調査3日目

2007-8-18 039.jpg2007-8-18 033.jpg2007-8-18 032.jpg
バス 福島県 鮫川村役場

「里山の食と農、自然を活かす地域再生計画」との調査目的で、鮫川村役場を調査訪問させていただいた。
 ここの住所は、鮫川村大字赤坂中野あざ新宿39番地5である。
 写真の「手まめ館」のそばに新宿トンネルがあった。地域の人によるとこちらの地名が先であるらしい。
 印象は「子ども」を大事にしている村だということである。4つの小学校跡を地域振興のために利用し、その一校を保育所・幼稚園一体的経営の「さめかわこどもセンター」として開所させた。
 また、村の特産品として、エゴマを原料とする「じゅうねんたれ」製造に、廃校を利用している。
 残り2校は、「グループホーム」「村営住宅」として利用される予定になっている。
 とにかく、村の自立をかけ、知恵を絞り、共に進んでいることにエネルギーを感じる。
 また、東京農大の学生が公園づくり等に関わっていることもユニークである。
 中山間地域振興特別委員会でも調査に来たくなる、そんな感想を持った。
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月28日

調査2日目

2007-8-18 022.jpgバス 埼玉県総合リハビリテーションセンター
バス 茨城県庁

 リハビリテーションの現状調査ではない、ESCO事業(省エネルギー改修にかかる全ての経費を光熱水費の削減分で賄う事業)の現状調査であった。
 ESCO事業者との契約により、新たな財政負担を必要としない省エネ促進策として全国的に広がっている。
 宮崎県も、今年度、県立宮崎病院で15年間の契約でこの事業を行う予定である。
 ここでは、発電・排熱利用(給湯、冷暖房)・変圧器等で、事業展開している。15年度光熱費約1億3千万が、事業終了時25年度光熱費約1億円となり、埼玉県のメリットが3千万となる計算だ。
事業終了後のメンテ関係に課題出てきそうであるが。

 茨城県庁では、「茨城租税債権管理機構の取り組み」について調査させていただいた。
 茨城租税債権管理機構は、市町村税と個人県民税の未納額を圧縮するために、平成13年4月の設立で、徴収が困難な税の長期滞納者、高額滞納者などの債権を、市町村に代って回収する機関である。
 滞納処分関係の法的知識を有する機構顧問のサポート体制の確立。不動産の公売に力点を置き、17年度からはインターネットによる不動産公売も実施している。
 結果、16年度以降、3年連続で10億を超える徴収実績を上げ手いるとの報告があった。
 特に、多重債務者に対して、丁寧なサポートを行っていることに注目したい。

posted by てつや at 14:52 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月27日

総務政策常任委員会県外調査1日目

2007-8-18 021.jpg飛行機 気象庁
バス 東京消防庁 本所防災館

日本の頭脳が集約している。気象庁を調査させていただいた率直な感想である。
ここでは、「緊急地震速報」「竜巻の発生予測」について調査させていただいた。
雨と風の動きを3次元で連続して監視できるドップラーレーダーの整備や、数値予報モデルの制度をあげて、竜巻などの非常に激しい現象への監視・予報技術の向上図っているとのことだった。平成22年度開始を目指し「突風等短時間予報情報」の準備も進められていた。
被災地選出議員として、「まるで、テロ的な惨状でした。心の準備もないままに被害に遭われました。予報の重要性は増しています。どうか、少しでも早く情報を提供していただきたい。」と、述べさせていただきました。
東京消防庁では、「防火防災意識の高揚」に力点をおいた施設を都内3カ所に設置し、充実を図っている。
しかし、問題点は維持するということである。
体験に勝る教育はないが、データー的に古くなっているものもあり、苦心されていた。
今回、阪神淡路大震災の揺れを体感させていただいた。この揺れの中で、どう動けるか。自分の家族を守れるか。…情けない。もうやだ〜(悲しい顔)



posted by てつや at 22:00 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月22日

介護施設の不足

くつ 挨拶回り
くつ 現地調査(緑ヶ丘)

「来年度の介護施設の不足は、今以上にきびしくなる。」

保育所の待機児童については問題視され、「待機0作戦」なるものが、前総理から打ち出されたことは、記憶に新しい。

しかし、介護施設の待機については、その実態を掌握していないと考える。

今日、施設の事務長との話の中で出てきた。

福祉の公明党。予防介護の充実が喫緊の課題である。
posted by てつや at 21:00 | 宮崎 ☀ | 日記

2007年08月21日

生活現場主義はやっぱり公明党

くつ 挨拶回り
家 市議との打ち合わせ
posted by てつや at 00:01 | 宮崎 ☀ | 日記

2007年08月20日

25年には10号線、高速、広域農道!

ビル 政策検討
ビル 広域農道促進要望同行
posted by てつや at 19:57 | 宮崎 ☀ | 日記

2007年08月19日

日之影へ事後調査

くつ日之影町 見立

昨日、息子が「お父さん、台風被害のその後はどうなっているの。自由研究で調べてみたことがあるんだけれど。」と言ってきた。

12日に日之影見立の崩落した道路の仮復旧があったので、地元の方々の声を聞きに、今日、事後調査に連れて行くことにした。

途中、局地的に激しい雨に打たれながら、見立線を北上。
道路の崩落に、息子もため息をつきながら、「水の力ってすごいね。」と、被害の大きさに驚きを隠せないようだった。

仲組で、地元の人に声を聞いた。
前回、調査の時、病院に運んだお父さんが、昨日退院されておられた。

あらためて、事故当時の状況を聞くにつけ、紙一重であったこと、台風被害の大きさを感じた。

また、復旧の早さに感謝され、大型が通れるようになれば復旧も加速すると期待されてた。

なんとか早急な災害復旧が進むよう動かねばと決意をあらたにした。

息子も、帰るなり、机に向かったところをみると、現場を知ることによって、感じるものがあったようだ。

どのように、報告するのだろう。

posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☀ | 日記

2007年08月18日

総務政策常任委員会県外調査1日目

2007-8-18 017.jpg飛行機 気象庁
バス 東京消防庁本所防災館

日本の頭脳が集約されている。そんな実感を持った気象庁調査。
ここでは、「緊急地震速報」「竜巻の発生予測」について調査させていただいた。
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☁ | 日記

島浦に渡る

家PC整理
船島浦(事後調査)
くつ下平原地区盆踊り

今日は、島浦の被害処理の確認調査に行かせていただいた。波は穏やかで、2週間前のあの悲惨な状況を知るものはほとんどなかった。

島民の方々も、落ち着きを取り戻している状況であったが、台風の後、加工するための魚があがらず、工場が休業状態であった。

生簀の破壊などの保障関係は今からであると思うが、二度とこのような大きな被害が出ないように祈念することが島民共通の思いであることをひしひし感じた。

夕方から南隣の下平原地区の盆踊りに参加させていただいた。

娘が所属する吹奏楽部が演奏するとのことで、日ごろほとんど関わることのできない娘に孝行しようと、行かせていただいた。

このような催しが開催されるときに、思うことは影で働くスタッフさんのことである。

目をやると、ほとんど高齢の方のように見えた。地区行事を維持する難しさを痛感する。

本当に感謝します。



posted by てつや at 00:00 | 宮崎 | 日記

2007年08月13日

早いものでもう一年

くつ北川町調査(水防災事業 かさ上げについて)50km
車(セダン)新盆挨拶
posted by てつや at 22:06 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月12日

お心が一杯

車(セダン)九州池田墓園
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月11日

マイナスイオン?を一杯

車(セダン)龍門の滝(大分県)
posted by てつや at 22:13 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月10日

抜本的改革とは

ビル議員定数・選挙区調査特別委員会
posted by てつや at 16:15 | 宮崎 ☀ | 日記

2007年08月09日

知事の行動が活力を

くつ台風被害調査
くつ知事被災地訪問合流(曽木、二股)
新月吉田家通夜
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月08日

県南調査3日目

ビル 南那珂森林組合(高齢化をふまえた森林管理)
くつ 八峡地区台風被害調査(農地崩壊)
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月06日

中山間地域振興対策特別委県南調査1日目

ビル 野尻町役場(コミュニティバスについて)ビル くつ えびの市大河内小学校(過疎対策、大河内区代表意見交換会)
くつ 真幸棚田(地域振興)
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月05日

守ってきたのに

船北浦町宮之浦(養殖場被害) 
くつ見立(県道路肩崩落)
くつ鹿川(農地流失、農地埋没、県道路肩崩落、民家流失)
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月04日

ナイヤガラの滝

くつ 台風被害調査(曽木川流域)
くつ 台風被害状況説明(日之影役場)

posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月03日

恐れていたことが

くつ 台風被害調査 (石田、桜ヶ丘 冠水地域)

台風一過、冠水した地域の被害を調査していた。
その後、続々入ってくる被害が出ている地域の報告。

あの時と同じ。そう直感した。
現地の具体的な被害状況が掴めない。不通になっている。
北川の災害が教訓になっていないのか。

やきもき。時間だけが過ぎる。
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☁ | 日記

2007年08月02日

台風上陸

くつ台風事前調査
ビル台風対策本部
くつ台風被害調査

台風のため、常任委員会3日目の調査は中止となりました。
おかげで、朝から、台風の備えを確認に回ることが出来ました。

今までの台風調査の経験則で、どの地域にどのような確認をすればよいか。声かけをすればよいのか少しずつですが解るようになりました。あわただしい片づけの中、喜んで頂きました。

しかし、小規模な割に強力な台風であったため、15時頃からの急な変化に私も、身動きがとれなくなり、電話での安否確認となりました。

今のところ大きな被害はないようですが、あの、十年前の台風も翌日に被害がわかったこともあるので、朝一番に、また、調査に動きます。

どうか、大きな被害がありませんように。

posted by てつや at 23:00 | 宮崎 ☁ | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。