2007年12月16日

鹿川災害復旧調査

DSCF1137.jpgビル 支援者壮年大会
くつ 鹿川調査

「上流域の復旧に動きがない。」地元の人の相談に鹿川に調査に入った。

日之影側から、上鹿川に上ったが、上流域は、11月中のめどと聞いていたが、未だに開通していないようである。

途中、住民の方に聞き取りをしたが、日之影側では、復旧の進捗状況については、定期的に報告を受けているようだ。

問題としては、迂回路の道路について、交通量の増加、離合の難しさ等、住民がとまどっている状況がある。

関係部署との確認を急ぎたい。
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☀ | 日記

2007年12月14日

一般質問登壇

ビル 一般質問

1,若者支援について
・知事の若者観と宮崎の若者
・若者への総合支援
・地域若者サポートステーション設置へ

2,中小企業の支援について
・県北地域の中小企業の実態
・融資制度の見直し
・事業承継支援センターの設置

3,保育行政について
・待機児童の実態
・保育関係の補助
・保育行政のバウチャー制度

4,教育再生と本県の教育について
・全国学力テストの分析と教育施策への反映
・観光立国の授業を
・県による教職大学院の活用について、「とり」で質しました。
詳細は、県議会便りで報告します。
posted by てつや at 17:15 | 宮崎 ☀ | 日記

2007年12月05日

第2総支部大会

ペン 質問資料作成
ビル 公明党第2総支部大会

 朝から、質問原稿作成のため今までの調査記録の確認、資料読み等、新見幹事長(幹事長も質問です。)のとなりで作業を進めましたが、遅々として進みません。まずい、質問日はいつでしょう?明日が通告です。
 夜は、日向で「第2総支部大会」を開催させていただきました。168名の参加で、人事案件、活動報告案を承認していただきました。
今回、私が第2総支部の支部長を拝すこととなりました。
 挨拶では、県政の報告の後、「難しい局面が続いておりますが、公明党の『生活者の目線に立った政策の実現』についてはいかなることがあろうと一貫して変わらず、戦わせていただきます。」と決意を披瀝させていただきました。
 今、県政も大事な局面です。明日は、18年度決算認定です。
posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☀ | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。