2009年01月02日

定額給付金は確実に

ビル 新年会で挨拶
演劇 街頭演説(大瀬大橋、UFO前、Aコープ一ヶ岡)
 
 新春街頭遊説で、県民の方々に定額給付金の重要性と一刻も早い2次補正予算案・関連法案の成立の必要性を訴えました。
 生活支援策の柱となる定額給付金の経済効果について、県内でも80億円の交付金が支給される見込みで、地元の商店主や中小企業の経営者からも待望の声が聞こえている」と訴えさせていただきました。
 具体的に、延岡の商店街連合会との意見交換の中で、「この定額給付金で、延岡市内で使える商品券を発行し、市民に現金か商品券かを選んでもらうのはどうか。市内で消費され地域の消費喚起に直結するという考え方である。」と、活発な議論をしたことを紹介し、年度内の実施実現に声を上げる約束をさせていただきました。
 
 また、県が12月26日に「雇用・経済緊急対策本部」を立ち上げ、金融政策、雇用対策、離職者支援等々、早急の施策を打つための組織になることを紹介させていただき、それに先駆け、公明党県議団が「雇用経済緊急対策」の申し入れを行い、その要求事項を反映したものになっていることを訴えさせていただきました。


posted by てつや at 00:00 | 宮崎 ☀ | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。