2006年11月07日

環境農林水産常任委員会調査

くつ 石油代替エネルギーを利用したピーマン栽培の実証ほ(ハウス)
くつ 住吉海岸保安林(台風14号災害の復旧状況調査)

原油価格の高騰から、施設園芸の暖房に係る燃料費がかさむことから、石油以外の新たなエネルギー導入として、一般のハウス園芸で検証している。

今回は、ピーマン栽培でのガス暖房機(都市ガス使用)の能力検証と、ハウス内でのCO2不足の積極的供給により、収量増加効果の検証の報告をいただいた。代替エネルギーとしては様々な課題があるが、安定したものになれば効果は期待できると実感した。

また、一つ葉有料道路東側の住吉海岸の災害復旧状況調査を行った。

現場を見て、高波の強さを改めて認識した。この事業が今後の被害拡大を阻止できるよう全力で取り組んで頂くことを確認した。



posted by てつや at 16:44 | 宮崎 ☀ | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。